find us on facebook  Twitter  マシュー&カロンWEB

<< MENU

MK新聞

今号の紙面

2019年(平成31年)4月1日発行 第873号

872号1面
MK新聞をPDFファイルでご覧になれます。
MK新聞平成31年4月1日付873号(10.5MB)
1面
拝啓 国土交通大臣 石井啓一殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺㉚
 新入社員へのエール
 「知恵」と「行動」が大切
2面
温暖な台湾だからオールシーズンOK
 ゴルフ場&送迎予約をワンストップ
MK指導者新任インタビュー
 ~経験を活かして教えていきたい~
3面
もっと知りたい!古典芸能
今日のdinnerはプロの味
 ~お魚のパン粉焼き えびいものフリットとともに~
シエル.ネット西院 2階フロア営業終了のお知らせ
書籍ランキング
4面
葉根たより28
MKタクシー賞 受賞インタビュー
 子ども連れ向けを指名に 個性がある旅館 京家
5面
こんな話あんな話 MK勉強会から
本だけ眺めて暮らしたい<372>
石清水八幡宮で無事故祈願
6面
チュニジア見てある記 凄まじい興亡に言葉を失う
7面
GW10連休のお出かけ応援
MKトラベルオリジナル日帰りツアー
8面
アメリカ反戦兵士たちに寄り添うために 第四回
KYOTOGRAPHIE ”京都”でしかできない写真祭
9面
世相と法律 ~定年退職~
フットハットがゆく!<305>
MKの発展を支える婦人会
10面
4月の運勢
グローバル・ビジネス・レポート <72>
ロボホン課長の業務日誌③
11面
インフォメーション
プレゼントコーナー
12面
2019年ゴールデンウィーク特別企画
 MKトラベルオリジナル日帰りツアー


(1面記事より)

拝啓 国土交通大臣 石井 啓一 殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺30
新入社員へのエール
「知恵」と「行動」が大切

エムケイ株式会社 代表取締役社長 青木信明

85名の新入社員の研修が始まる

 本号が発行される頃には新元号も発表され、世の中が新しい時代への期待に胸をふくらませていることと思います。春は新社会人となった若者の姿があちこちで見られる季節で、MKグループは本年85名を新入社員として迎え入れました。そのうち53名はトラベルコーディネーターとしてお客様と接するための研修を積み、知識と技能を習得していきます。

前向きな失敗を重ねて成長してほしい

 私が新入社員研修で彼ら彼女らへ贈ったメッセージは知恵だけでなくプラスα、つまり実行すること、知恵と行動を大切にしてほしいということです。これまで本や新聞で読んだり、直接人から聞くことで得ていた「知識」は、インターネットを引き合いに出すまでもなく近年急速に進んだ技術革新によって誰もがいつでも簡単に欲しい情報を得ることができる環境に置き換わり、知識そのものに価値がある時代は終わろうとしています。洪水のような情報の中でそれを正しく取捨選択し使いこなすことができるのが「知恵」であり、これからの時代を切り開いていく人材はそこからさらに「行動」に結び付けることができる人だけなのです。
 知恵とは、失敗の中から多くの学びを得ることで体得できるものなので、頭で考えているだけでなく若い人には前向きな失敗を重ねてもらいたい、だからこそ行動が伴う人間になってもらいたいのです。行動しなければ失敗もできません。

脳に汗をかく仕事で変化に対応する

 40年かけてMKの基礎を作った創業者である青木定雄の時代をMKの第一世代、その後に私が社長をさせていただいてタクシー規制緩和にのって全国規模に拡大していった現在をMKの第二世代とするならば、新入社員の皆さんはその次の時代、MK3・0の時代を引っ張っていく存在です。
 自動運転技術、電気自動車、インバウンド対応、働き方改革、少子高齢化などタクシー事業を取り巻く環境は大きく変化し数年以内にはコスト構造が根底から変わっていくでしょう。今の常識が全く通用しなくなることは容易に想像できますし、これまでも産業構造自体が変わった結果、変化についていけない企業が淘汰される例は枚挙にいとまがありません。フィルム写真がデジカメに変わったように、車両製造業からモビリティサービス業への転換をはかっているように、若者にバトンタッチするときまでMKが企業として存続できるよう、私も含めてですが幹部役職員には脳に汗をかく仕事をしようと繰り返し訴えかけています。

社会人の第一歩は健康管理から

 新入社員の皆さんにおきましてはまずは心身ともに健康であることが社会人としての務めの第一歩です。お客様の命をお預かりする職業であることを忘れず自己管理してください。そして安全、挨拶、清掃、笑顔というMKの基本をまずは忠実に身に付けてください。基本を身に付けてこそ、そのなかから自分の強みが生まれるものです。MKブランドは何も社長がブランドではありません、お客様にとってその日接する一人ひとりの社員がブランドです。一期一会という言葉がありますが私たち接客サービス業はよくその言葉の意味を噛みしめなければなりません。自分にとっては一日接する十数組のお客様のうちの一人であっても、そのお客様からすればあなたはたった一人のMKの代表なのです。新入社員であろうとベテラン社員であろうとお客様にとっては同じMKなのです。月並みな言葉となりますが、これから一生懸命頑張って仕事に励んでいただき、日本を代表する接客のプロとして活躍していただきたいことを、この春よりMKの一員となった新入社員の皆さんへのはなむけの言葉とさせていただきます。