find us on facebook  Twitter  マシュー&カロンWEB

<< MENU

MK新聞

今号の紙面

2018年(平成30年)4月1日発行 第861号

861号1面
MK新聞をPDFファイルでご覧になれます。
MK新聞平成30年4月1日付861号(13.8MB)
1面
全国のお客様、同業者の皆様へ
信頼失墜行為をお詫びします
2面
京都観光おもてなしコンシェルジュ任命式
京都MK 新しい時代にふさわしい新車種を次々導入
3面
もっと知りたい!古典芸能
今日のdinnerはプロの味
 ~里芋と紅ズワイ蟹入り帆立貝のテリーヌ
  京みず菜のサラダ仕立て~
アルファード指定専用ダイヤル
書籍ランキング
日本年金機構
4面
葉根たより16
ガーデニング 病害虫の防除
5面
こんな話あんな話 MK勉強会から
本だけ眺めて暮らしたい<360>
石清水八幡宮で無事故祈願
6面
2018海外研修レポート②
 ―海外研修を終えて特に印象に残ったこと―
7面
MKトラベル 日帰りバスツアー
8面
TACPO NEWS 豚しゃぶ英
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭
東山・花灯路2018 春乃流 舞う
SNSの影響力 Twitter担当者に訊く
9面
世間と法律 ~お年寄りの一人暮らしと小さな親切~
フットハットがゆく!<293>
私のひとりごと ~心の拠り所~
BOOK 「京都を学ぶ【丹後編】」
10面
4月の運勢
グローバル・ビジネス・レポート <60>
安全と笑顔でのサービスを見つめ直して
 京都・滋賀MK 春期研修実施
11面
インフォメーション
頑張れ!!京都サンガFC
プレゼントコーナー
12面
トラベルコーディネーターの教育充実を目指して
 上賀茂寮 竣工式・開所式
MK WHITEDAY TAXI



(1面記事より)

全国のお客様、同業者の皆様へ
信頼失墜行為をお詫びします

エムケイ株式会社 代表取締役社長 青木信明

弊社社員の逮捕 タクシーにあるまじき行為

 去る平成30年3月22日、弊社ドライバーが前月2月25日夜間の営業中に泥酔した女性のお客様に対しわいせつ行為を行ったという準強制性交等の疑いで逮捕される事案が発生しました。現時点(3月27日現在)では西京警察署に勾留され一部行為を認めながらも容疑については否認していると報道されております。警察の今後の調査を待ちますが、事実であれば誠に遺憾であり被害にあわれた方に心よりお詫び申し上げます。
 このことはタクシーをご利用いただくすべてのお客様やそのご家族の信頼を失墜させることであり、タクシー同業者の皆様へも少なからず影響あるものと思われます。従業員への日頃からの指導が甚だ不足していたことを深く反省しております。該当社員には厳重な処分を下すことはもとより、全従業員に対して指導を再徹底いたします。この度は大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした。

信頼を失うのは一瞬 真摯に反省し出直します

 信頼を築くには時間がかかり、信頼が崩れるのは一瞬のことと言われるように、まさにMKがこれまで積み上げてきた信頼は取り返しのつかないほどに失われたものと思います。創業者が「お客様第一主義」と「タクシードライバーの社会的地位向上」を経営理念に掲げて、親切丁寧な接客と挨拶、乗車拒否根絶を誓った〝タクシーを市民に返す運動〟、〝身体障害者優先乗車〟などを実践してきたMKの歴史は、まさにタクシーが市民から信頼される乗り物になるために、タクシードライバーが空のパイロットと同じように陸のパイロットとして信頼されるための行動でした。
 こうして一つひとつ積み上げた信頼から「女性が夜一人でタクシーに乗るときはMKを選ぶ」と言われるようになり、近年では夜間タクシーを降りてから玄関に入られるまでを見守るエスコートサービスを行っています。これらのご評価や取組みが一転してご不安をあおることになってしまうことに弁解の余地がありません。もう一度原点からやり直していく所存です。
 約20年前にとある犯罪事件を起こしたタクシードライバーに対して裁判官が判決文で「タクシー乗務員には雲助まがいのものが見受けられる」と表現し、職業に対する蔑視であるとしてタクシー業界がこぞって反発した出来事がありました。そのとき弊社は、裁判官にそのような認識を抱かれている我々タクシー業界こそ大いに反省し襟を正すべきである、と申し上げました。このときから何ら変わることができていないと忸怩たる思いです。

経営理念の原点に返り 変化し続けていきます

 改めて「お客様第一主義」と「タクシードライバーの社会的地位向上」の2つの経営理念を実現していく道を振り返ると、60年前にわずか10台で創業したMK、最初はドライバーの住環境の整備によりドライバーの生活の安定をはかることからはじめ、挨拶や親切な対応などサービス教育に取り組んだのは創業から10年が経ってからでした。衣食足りて礼節を知るとの言葉通り、まずは従業員の待遇改善をし、それを維持し所得を伸ばしていくためにもっと良いサービスを提供してお客様に選んでもらおう、としてきたのです。社員の売上が上がりお客様に満足いただき、そして会社も収益をあげる、その良い循環がMKの原動力であり、それを支える具体的な仕掛けとして、社員教育の徹底、頑張れば頑張るほど高まる給与制度、お客様から苦情をいただける環境などを作りました。MK60年の歴史のうち最近の20年はデフレ下において「適正な価格」を提供し続けてきました。近年では乗合空港タクシーや英会話ドライバー、ハイグレード車両の導入、新卒者のトラベルコーディネーター採用など積極的な事業展開でMKならではの高付加価値を追求してきました。
 このように時代の変化をとらえつつお客様、社員、会社のバランスを考え、変化に対応してきたと自認しておりましたが、振り返ればそれこそ我々自身の慢心であったと思います。役職員社員一同これから経営理念の原点に立ち返り「MKは以前よりも良くなった」と安心してお乗りいただけるよう努力してまいります。
 最後になりましたが、重ねて被害にあわれた方に心よりお詫び申し上げますとともに、関係する皆様へ多大なご迷惑をおかけしたことを深謝いたします。