find us on facebook  Twitter  マシュー&カロンWEB

<< MENU

MK新聞

今号の紙面

2018年(平成30年)6月1日発行 第863号

863号1面
MK新聞をPDFファイルでご覧になれます。
MK新聞平成30年6月1日付863号(13MB)
1面
拝啓 国土交通大臣 石井啓一殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺㉑
 タクシー事業者の強みは教育
 自信を持って努力し続ける
2面
MKタクシー tripadvisorで
  2018年エクセレンス認証を3年連続取得
福岡MK タクシー運賃改定のお知らせ
3面
書籍ランキング
今日のdinnerはプロの味
 ~お魚と小海老、帆立貝のココット焼き~
本だけ眺めて暮らしたい<362>
4面
葉根たより18
平成30年度第26期 トラベルコーディネーター出陣式
5面
2018海外研修レポート④
  ~一生の思い出に残る出会い~
6面
MK京都紀行
7面
MKトラベル 日帰りバスツアー
8面
TACPO NEWS 卸売ひろば タカギ 三条店
浴衣の舞で涼を呼ぶ
PICK UP 大本山 随心院 第13代ミス小野小町
  京都薬科大学5年次生 米岡 那夏子さん
マシュー・カロンのお仕事紹介vol.5
京都洛北・森と水のフォトコンテスト結果発表
9面
世間と法律 ~学校生活とフリースクール~
フットハットがゆく!<295>
私のひとりごと ~「日常」~
10面
6月の運勢
グローバル・ビジネス・レポート <62>
ガーデニング シャクヤク
11面
インフォメーション
頑張れ!!京都サンガFC
プレゼントコーナー
12面
トミカ博関連イベントにMKタクシーが大盛況
  なりきり撮影に人気  今春新卒社員が活躍



(1面記事より)

拝啓 国土交通大臣 石井 啓一 殿
今こそ、タクシーの未来を決する分水嶺21
タクシー事業者の強みは教育
自信を持って努力し続ける

エムケイ株式会社 代表取締役社長 青木信明


運賃改定ご理解に感謝サービス向上に努めます

 MKグループ各社は本年3月の大阪MKと神戸MKを皮切りに4月に名古屋MKと滋賀MK、5月に京都MKが運賃改定を行い、6月には福岡MKが運賃改定を行います。これまでMKグループでは「適正な価格で高品質のサービス」をお客様へご提供することを理念とし、ときには運賃値上げ指導に対して行政訴訟を提起して価格を維持してまいりました。
 しかしながら昨今の運輸業界で顕著であるドライバー不足によって、繁忙時間帯にタクシーが配車できずにお客様にご迷惑をおかけしている現状を解決するために労働環境改善と所得向上にとりかかっていたところ、働き方改革として労働時間や勤務日数の縮小が求められることとなり、今般やむを得ず各社で運賃改定に至った次第です。特に京都MKでは約20年ぶりとなる運賃改定となりこれまでご利用いただいてきましたお客様にはご負担をおかけいたしますがこれまで以上に全社員一丸となってサービスレベルの向上に努めてまいりますので何卒理解賜りますようお願いいたします。

IT企業が注目するタクシー業界の転換点

 私はこの2018年がタクシー業界にとって大きな転換点となるであろうと考えております。2014年に改正タクシー特措法が施行され供給過剰と指定された地域において強制力をもった減車を行うべく地域協議会などの環境が整えられましたが、現実の世界でのドライバー登録数の減少が加速して結果的に稼働する車両が減少している状況が各地で見受けられ、もはや減車よりもどうやって近い将来起こり得るタクシー不足という社会問題に立ち向かうかに関心が移っています。タクシー不足問題は裏を返せば業界が忌避するライドシェアの呼び水となることは容易に想像できます。市民の足を守るタクシーが足りないならライドシェア(自家用車の有償利用)で補うしかない、という需要側の観点からして至極当然の流れです。もっともそのライドシェアも近い将来無人の自動運転に取って代わられると思います。
 ソフトバンク社を代表に世界的なIT企業が次々と配車アプリや自動運転の開発企業に出資し、各国の自動車メーカーもその流れに参加しています。日本・海外を問わず配車アプリ企業の経営層と何度か意見交換していますが、タクシーがテクノロジーの最先端にある産業だという想いを強くしております。この先は様々な企業(または企業の枠を超えた国家間の戦略)の利害関係も相まって、これまでタクシー業界のなかの損得勘定で完結していたことがそれだけでは収まらなくなる、特にタクシーの規制に関するあり方のイニシアチブを誰がどのようにとっていくのかということです。こういったタクシー経営にとっての地殻変動が今まさに起こっており、2018年が転換点となると考えるのです。

我々の強みは社員教育にある

 だからといってタクシー事業者が受け身に回るだけとは全く思いません。IT企業が先導して配車アプリビジネスを拡大しようとすればするほど、その反動としてお客様に安全にご利用いただくためのドライバー教育の必要性が増しています。システムの利便性は技術者が引き上げることができても、現場でお客様に相対するドライバーのレベルの引き上げは、何か事故や事件など不祥事があってから当該ドライバーを排除するのではなく、やはりそういうことが起こらないように日々指導教育を続けていかなければならないのです。中国最大手の配車アプリ企業の滴滴出行社は、MKに幹部を派遣しMKの社員教育を自ら受けて指導方法について学びました。先見の明があるIT企業経営者ほど回りまわって最後に差が付くのは接客レベルであることに気づいており、私たちタクシー事業者はドライバー教育についてもっと自信を持てばよいと思います。MKでは毎年ハイヤードライバー候補生として大学新卒者を採用しています。本年も採用した者のうち二種免許取得と所定の教育期間を修了した者から14名が営業を開始し、まずはタクシー営業を通じてトラベルコーディネーターとしての接客応対や安全運転の基礎を学んでいます。MKのドライバーとして、そして国際観光都市京都を代表する者として誇りを持ってハンドルを握る姿にこそ、求める答えがあるのだと思います。

3年連続エクセレンスドライバーの誇りに

 観光ドライバーとしての使命を果たしていることの一つの事例として、MKはこの度、世界的な旅行者の口コミサイトである「トリップアドバイザー」から3年連続となる「エクセレンス認証」をいただきました。お客様の評価は会社に対する評価ではなく、その日接客したドライバーに対する評価です。つまりは一人ひとりのドライバーがお客様にご満足いただけるお供をした、その積み重ねがこのような結果となったのです。ご投稿いただいたお客様に感謝するとともに、この喜びを社員一同で分かち合い、さらにお客様からの期待値が高まることを肝に銘じてこれからも努力し続ける所存でございます。